蓋つきの料理の食べ方

割烹で楽しめる蓋つきの料理、汁物や土瓶蒸しの正式な食べ方を知らない方が多くいるようです。接待やお見合いなど改まった席でできていないと恥ずかしいです。蓋つきの椀を開けるときは、椀に左手を添えて右手で蓋をつまんで時計回りに蓋を回してゆっくり開けます。

開けたら蓋を椀の右縁に少し傾けて内側についた水滴を落とします。こうすると食事膳にしたたって汚れることを防げます。吸い物を飲むときに音を立てないように気をつけましょう。汁と実は交互に食べます。汁と一緒に実を食べたり、椀に口をつけて実をかき込むようにして食べないように。

食べ終えたら、椀の向こう側から手前に向けて蓋をします。蓋と椀の絵柄が合うようにして、両手で持って絵柄が手前に向くように膳の向こう側へ置きます。椀をひっくり返して蓋をするのはマナー違反です。豊田の割烹料理で出される土瓶蒸しは猪口を使って出し汁を注いで食べます。

蓋の開け方は吸い物と同じです。すだちなどが添えられていれば絞ってもよいです。マナーを知っているといざというときエレガントな振る舞いができて役立ちます。