懐かしき焼鳥屋

焼き鳥居酒屋で、私が初めて行った店はもしかしたら「かづさ屋」かもしれません。私が通っていた大学の最寄駅にもこのかづさ屋はありました。授業を終えて、パチンコをして、買った友達のおごりで、よくこの店に行きました。とはいっても貧乏学生なので、ひとり一杯のサワーとそして全員で一品の「たこわさ」つまむというような、思い出があります。

ある時は授業と授業の間に2コマ3時間くらい空いている場合みんなで連れ立って出かけていき、一杯ひっかけて
また次の授業にも戻るなんてこともありました。今から20年近く前の思い出です。

社会人になってもこの鳥丸の居酒屋「かづさ屋」との付き合いは続きました。私はグルメではなかったのでよくわかりませんでしたが
親友が「かづさ屋の焼き鳥が一番うまい」というのです。なので、その親友と飲むときはいつも庄屋でした。

まだ日本酒ブームが来る前に升の上に置かれたグラスに、なみなみと注がれる日本酒を見て、「少しは大人になったな」と思ったのもこの店でした。そんな思い出でいっぱいの「かづさ屋」が今でも変わらずに、最寄駅にもあることがうれしいです。