回らない寿司に魅了されて

すしといえば回転寿司、今の日本にはそういう考えの人が多いでしょう。景気がよくなりつつあるとはいえ、回っていない高級なすしは庶民にとってはまだまだ、手の届かない高嶺の花です。そもそも高級なすしを食べたことがなければ、その味が本当に回転寿司に勝っているのかもわかりません。

最近の回転寿司は、味がよくなりいろいろな工夫が施されています。それなのになぜ人々は高級な回らないすしに魅了されるのでしょう。
それは一度も高級な回らないすしを食べたことがないからだと考えます。一度食べれば、どんな味だろうとその味がわかるので本当の評価を下すことができます。

ものすごくおいしいと感じる場合ももちろんあるだろうし、もしかしたら回転寿司のほうがおいしいと感じる人がいるかもしれません。それは人それぞれなのでなんともいえませんが、世田谷などの寿司を食べてみることで、どっちが自分の好みに合うかを比較することはできます。回らない高級なすしを一度は食べてみたいものです。