脂ノリバツグン!太刀魚を美味しく食べるポイント

太刀魚を美味しく食べる方法

淡白であっさりとした味わいの中にも、脂ノリが良くトロのような風味が際立つ太刀魚は、旨味を活かすためにシンプルな味付けで焼いて食べるのがおすすめです。骨が細かく取り除きにくいサンマやイワシと違い、太刀魚は骨が剥がれやすいので子どもでも食べやすいでしょう。
また、太刀魚は刺身で食べるのもおすすめで、厚めに切った刺身にネギやしょうがなどの薬味を乗っけて、醤油やポン酢で食べるとさっぱりとした味わいが楽しめます。ただし、太刀魚は鮮度が落ちやすい魚なので、鮮度の高いものが手に入った時に刺身で食べるようにしましょう。

太刀魚のレシピ3選

続いて、太刀魚を美味しく味わうためにおすすめのレシピを3つご紹介します。1つ目は、淡白な太刀魚の風味が際立たせて、身をふっくらと仕上げることができるからあげです。シンプルですが、日本酒やビールにも合うのでおつまみとしても最適で、軽い食感なのでたくさん食べられます。骨まで食べやすいように、油で揚げる前に包丁で細かく切り込みを入れることがポイントです。付け合わせとして、野菜の素揚げを用意するとこれだけで豪華な1品となるでしょう。
2つ目に、よりシンプルな味付けで太刀魚本来の旨味を楽しみたい場合は、塩焼きがおすすめです。身へ均等に火が入るように、厚い部分に切り込みを入れると良いでしょう。レモンを添えるとよりさっぱりとした味わいになり、脂っぽさが苦手な人でも食べやすくなります。
3つ目は、太刀魚のムニエルです。太刀魚は洋食メニューとも相性が良く、中でもハーブの香りが食欲をそそるムニエルにすると絶品になります。油の量を少なめにして弱火~中火でゆっくり焼くとパリッとした食感が楽しめるでしょう。バターを加えれば濃厚な味わいでワインや焼いたバゲットとの相性も良くなります。お好みでトマトを添えれば太刀魚の旨味がより引き立つでしょう。

https://www.turuhati.com/

美味しい太刀魚を選ぶポイント

新鮮な太刀魚を選ぶ時には、目の周りが綺麗に白くなっていて目が黒く澄んでいるかどうかをチェックしてください。太刀魚には表面が銀色という特徴がありますが、キラキラと輝いているものが新鮮なものになります。切り身の場合は、ピンク色っぽく透明感のあるものを選びましょう。
太刀魚の大きさは個体差がありますが、1m前後のものが美味しいとされており、お腹の部分にハリがあって硬いものを選ぶのがおすすめです。7月~10月が旬になるため、食べ頃のものを選ぶと、新鮮で美味しい太刀魚を堪能できます。