知っておくと役に立つデートの基本

うれし過ぎるデート

学生でも社会人でも好きな人とデート、つまり二人きりの時間を過ごすというのはお金には換え難い喜びがあります。
デートの誘い方に決まりはありませんが、成功率を上げたいなら知っておいて損はない情報はあります。
物語に出てくるような相思相愛であれば、何も言うことはありません。
歯の浮くようなセリフでもすんなりとデートにこぎつけ、恋人同士という流れになるかもしれません。
しかしそれはお話の世界であり、現実の恋愛に活かすのは困難です。
まずはタイミング
挨拶程度の仲であれば、ハードルを高まるのが普通です。
ですから、まず話す機会を作ることから始めるのが自然であり、成功への架け橋となるでしょう。
しかし意中の人と同じ部署あるいはクラスで良く喋る関係なら、デートへの誘いやすさのハードルが下がるかもしれませんが油断は禁物です。
意中の人を観察して忙しそう・何か考え事をしている等、空気を読まずデートの話を切り出すのは避けましょう。
おそらく「後にして欲しい」「そういう気分じゃない」など、けんもほろろに断られる可能性が高くなるでしょう。
端的に言えば、精神的に余裕が出来た瞬間がモアベターです。

誘い方にひと工夫によりデートの成功率も上がる

デートで何をしたいかを考え前に、決定しておかなければならないのは誘い方です。
例えば、ストレートに「週末に食事に行こう」と誘うのはお勧めできません。
恐らくその理由について、何故自分をデート対象としたのかと問われる事でしょう。
誘い文句を「君と食事に行きたいんだ」という台詞にしても、同じ事です。
そこで「悩んでいて是非相談したい事がある」と、説明してみる事をおすすめします。
さすれば、話に乗ってくれる可能性は高まると考えられます。

デートの服装

清潔さや身だしなみを適度に保つことは言うまでもありませんが、デートのためにわざわざ服を新たに購入せずとも持ち合わせで十分です。
しかしラフすぎる服装は、人によってはだらしなさを印象付ける心配があるので避けます。
年齢相応の服装で明るい印象を与えられるのであれば、男女共に問題無いでしょう。
人によってはデートを非日常的でドラマチックな物と捉えがちですが、服装に過剰に気を使わなくてもOKです。
肝心なのは、デート自体を楽しむ事です。

デート中の振る舞いについて

恋愛経験の多い人であれば、意図的にデートの振る舞いに注視している人はないかもしれません。
おそらくそれは何もしていないというわけではなく、自然な振る舞いが自然にできているからです。
デート経験が少ないと何か楽しい話題にしなければとか、面白い事を言って楽しませなければと考えがちです。
歩くとき・食事をするとき、会話をするときは、出来るだけ笑顔でいるように努力しましょう。
後は序所に経験を積むだけです。

株式会社一休庵が経営する京都の飲食店はデートにもってこいです