焼肉屋でのアルバイトはなかなかの重労働

ホールは休む暇がなく、キッチンは洗い物がたいへん

大学生やフリーターががアルバイトをするのに、いろいろな選択肢があります。
焼肉屋も、ある程度の規模のチェーン店などは、大勢の学生バイトがいないと成り立たない部分がありますね。
ただ、焼肉屋でアルバイトをした経験のある方に伺うと、なかなか焼肉屋のアルバイトは重労働という声が多く聞かれます。
ホールはいろいろなお客さんの相手をして、休む間もなく動く必要があります。
お子さんがドリンクをこぼしたり、酔ったお客さんの相手をしなければいけないこともありますね。
キッチン担当も、ピークタイムは仕事にスピードが要求されて、なかなか目まぐるしい働きが求められます。
さらに厳しいのが、油汚れのついた網や皿などを洗わなければいけないところです。
焼肉屋自体が室温の高い場所ですし、かなり体力的に厳しいアルバイトの1つと言えるでしょう。

深夜勤務がない代わりに、ガッツリ稼ぐのが難しい

焼肉屋のアルバイトは、コンビニと違って多くの店で深夜~朝方の時間帯に仕事をする必要がありません。
また、ピークタイムは夕方以降ですから、学生さんが授業を終えた後の時間帯にアルバイトに向かうことができます。
学生さんにとって、一番アルバイトしやすい時間帯に人出が求められているのは大きいですね。
仕事のシフトで授業に出られないといった事態を避けられる可能性が高いのは、かなりのメリットです。
ただし、時給が決して高いわけでなく、深夜手当が出る時間帯にもあまり仕事ができません。
そのため、ガッツリ稼いで旅行費用などを稼ぎたいという学生さんには、あまり向いていませんね。

https://www.yakiniku-ojo.com/

体に臭いがつくなどのデメリットもあるが、接客に強くなるメリットも

その他、長時間焼肉屋に滞在するわけですから、当然体や髪に焼肉のにおいがつきます。
家が近所でない場合、特に女性は帰りの電車に乗るのが少し恥ずかしいかもしれません。
立ちっぱなしの仕事で体力勝負なので、体力に自信がない方、スポーツなどをやっていて、アルバイトで体力の消費を避けたい方にも厳しいところがありますね。
一方、焼肉屋でアルバイトをするメリットもすくなら駆らずあります。
まず、一緒に働く仲間が多いので、同性異性問わず出会いがあるアルバイトです。
まかないがおいしいというところも、大きな魅力でしょう。
キッチン担当で料理の技術を磨くことができれば、将来の就職や自炊のクオリティ向上にも役立ちます。