日本の伝統的な麺類と海外の麺類の種類を知っておこう

日本の伝統的な麺類を知っておこう

麺類はご飯やパスタなどと同様に、炭水化物を多く含んでいるため、3大栄養素として欠かせなくなっています。
日本の伝統的な麺類にはうどんやそばがありますが、小麦粉やそば粉を使用して作られており、細長い形状をしています。
うどんは鰹節やいりこなどを使った、旨味の強いだしが特徴になっており、直径が1.7mm以上の太さになっています。
そうめんや冷や麦なども小麦をベースに作られていますが、直径が1.7mm以下の細長い形状になっており、そばつゆや薬味などで味わうことが多いです。
うどんの具には油揚げや卵、ねぎ、牛肉、海老の天ぷらなどが使用されており、上品な味わいのだしと相性が良いです。
うどんは消化吸収が良いため、風邪や二日酔いなどで体調が優れない時にお勧めの麺類です。

蕎麦は伝統的な日本の麺類です

蕎麦はうどんと同様に日本の伝統的な麺類ですが、主にそば粉を使用して作られています。
そば粉100パーセントの商品は十割そば、麺が切れるのを防ぐために繋ぎに小麦粉を入れている商品は、八割そばと呼ばれています。
関東などの地域ではうどんよりも、蕎麦の方がポピュラーになっており、店舗数も多いのが特徴です。
お蕎麦屋さんでは麺類と一緒に、そば湯を提供してくれますが、優しい味わいが特徴で幅広い年代に人気があります。
口コミで評価の高いお店を選ぶと、高い技術を持った蕎麦職人が在籍をしており、本格的な手打ちの蕎麦を味わうことが出来ます。
年末の年越しに蕎麦を味わう人が多いですが、ざるそばは暑い時期でもさっぱりと食べられるので、幅広い年代に人気があります。

海外の麺類にはパスタやフォー、韓国冷麺などがあります

日本ではうどんや蕎麦は定着した人気がありますが、イタリアや台湾、ベトナム、中国、韓国などの海外諸国でも麺類の種類は豊富です。
イタリアンのレストランでは、パスタは定着した人気がありますが、トマトソースやシンプルなにんにくと相性が良いのが特徴です。
韓国ではでんぷん粉などを使用した韓国冷麺が提供されますが、日本の韓国料理のお店でも人気の高いメニューです。
日本ではなじみが少ないですが、ベトナムのフォーは地元では定着した人気があり、パクチーなどを加えたり、ライムやレモンなどを絞って食べるのが特徴です。
海外旅行に行った時は日本では珍しい麺類も味わうことが出来るので、お店や屋台などで注文をすると良いでしょう。

所沢の三上製麺では給食の仕入れにもご対応します