日本におけるカフェの歴史

日本ではじめてカフェが誕生したのは

日本で始めて喫茶店が誕生したのは明治21年でした。
現在の台東区上野に誕生した喫茶店で、トランプやビリヤードなどをはじめ、化粧室やシャワー室なども完備されていた、コーヒーを飲みながら文化交流し、知識を深める場だったといいます。
当時はまだ喫茶店という言葉でしたが、1911年には複数人が共同経営する形でカフェーが誕生しています。
初の会員制カフェや、チェーン店舗型喫茶店、メイド喫茶が誕生したのもこのころでした。
なお、純喫茶の走りとしてミルクホールもこのころ誕生しています。
当時はミルクホールは日本人の体質改善のために、牛乳普及を狙って作られたもので、コーヒーと牛乳が主流でした。
しかし、コーヒーが一般化したとともに、ミルクホールが大正期に全盛時代を迎えています。
実は昔、カフェーでは女性が男性の話し相手や給仕をするために女性が存在していました。
ただし、遊郭などと違い、性的な関係にはならない身持ちの固さが売りだったとされています。
当時、カフェーではお酒を出していましたが、ミルクホールではお酒を出していませんでした。
昭和になって、カフェーや喫茶店が女給のサービスをメインとした店とコーヒーや軽食を提供する店に分化していくとともに、ミルクホールは衰退していきます。

戦前・戦後のカフェの様子

日中戦争勃発以前、昭和10年代までは都内だけでも1万を越える喫茶店・カフェが存在していました。
地域によって様々な特色を打ち出しており、多くの著名人が通ったといわれています。
日中戦争勃発以後、コーヒーはぜいたく品に指定されてしまい、昭和12年に始まった輸入制限によって、庶民の口にははいりづらい物となりました。
第二次大戦中は完全に輸入禁止となりましたが、その中でも代用コーヒーとして大豆などを利用したものも見られるようになったといいます。
終戦後、喫茶店が復活したのは昭和22年で、まだ物資の少なかった時代だったため、米軍からの放出品や、代用コーヒー等を中心に提供されました。
コーヒーが復活するのは昭和25年以降で、当時は個人経営の喫茶店でのみ飲まれるものだったといいます。
昭和30年代に入ると個人経営の喫茶店が主流となり、店主の独自性を打ち出した喫茶店が増えていきました。
音楽系喫茶としてジャズ喫茶・歌声喫茶・シャンソン喫茶などが登場したのもこの時代からです。
次第にサービス内容が細分化されていくようになり、漫画喫茶やセルフサービスのお店など、現代の喫茶店・カフェにつながるものが増えていくようになりました。

現在存在しているカフェの種類

現在ではコーヒーの味を純粋に楽しむことができる喫茶店をはじめとして、セルフサービス方式の海外からやってきたカフェなどが主流です。
それ以外にも、動物との交流が可能となっている動物系カフェ、特定のコンセプトの元に経営されているカフェなどもあります。
コンセプトカフェとして有名なのはメイドカフェや執事カフェでしょう。
また、ゲームやアニメなどの作品とコラボレーションをしているコラボカフェなど、多彩なカフェが存在するようになりました。

海津の151@(イチゴイチエ)はパン屋も行っているカフェです