抹茶を振る舞いもてなす、「茶道」の奥深さ

茶道はただお茶を飲むだけの会ではない

茶道は単なる「お茶会」とは違うもので、ただお茶や茶菓子をおいしく楽しめばいいというものではありません。
「道」がついているだけあって、お茶の稽古を通して精神の修養なども目的に入ってきます。
また、古くは有名な茶人の千利休が著名な戦国大名などと交流していたことからもわかる通り、一種の社交的な要素も茶道には含まれています。
そのため、正式な「茶道」の世界では、マナーや作法が非常に格式高いものとなっていて、習ったことのない方にとっては敷居の高さを感じる理由になっているかもしれません。
そのかわり、茶道からはお茶の味や香りだけでなく、非常に多くのことを感じることができます。それだけ奥が深い、日本ならではの伝統的なしきたりだと考えられるのではないでしょうか。

主人・客人も芸術の一部

茶道では、美しい茶器が用いられます。また、和室では格調高い掛け軸がかけられていて、お花が活けられているという風景はお茶になじみのない方でも想像できるのではないでしょうか。
和室や庭といった空間も、茶道の美しい要素の1つとして非常に重要になってきます。
しかし、茶道ではそういった美しい調度品などだけではなく、お茶でもてなす主人や、振る舞われる客人の気配りや立ち居振る舞いまで全て含めて、ある種の芸術としてとらえることができます。
ですから、茶道はお客様をもてなす空間と、その空間の中で人間が美しく立ち居振る舞うことによって作り出される時間、その両方を組み合わせた総合的な芸術を楽しむものになります。
こういった「美」に対する考え方は、普段生活している中ではあまり意識しにくいところで、茶道の魅力の1つとなっているでしょう。

茶道から日本ならではの「おもてなし」の心が見える

もう1つ、茶道の奥深さはその「おもてなし」の精神からも感じられます。
日本で一番有名な歴史上の茶人、千利休もこの「おもてなし」の心を非常に大切にしています。
その利久の教え、「利久七則」は、お茶をどのように作るかという点よりも、どうすればお客様に居心地よく過ごせるかということをポイントに書かれています。
例えば、「降らずとも傘の用意」という言葉があります。これは、備えあれば憂いなしだから、いつでも準備をしておきなさいという意味ではありません。
それよりも、傘を用意しておけば、お客様が傘の心配をしなくてもよいでしょうという気遣いの心を表したものです。
こういった、茶道で学ぶことができるおもてなしの心はビジネスや日常生活の場でも生きてくるのではないかと思います。

浦和の大丸海苔店ではお茶も買えます