家で気軽に食べられる和食が健康食に!

世界が認めた日本の和食

日本では食の欧米化によって、ハンバーグやステーキなど高カロリーで高脂質な料理が食べられるようになりました。
これによってかかりやすい病気の種類も変わりました。
脂質の多い食べ物を食べると肥満になりやすくなりますし、血液中のコレステロールや中性脂肪が増えるため、血液がドロドロになり血栓症や動脈硬化などになりやすくなります。
そのため毎日、脂質量の高い肉類などを食べ続けると成人病にかかりやすくなりますし、ガンにもかかりやすくなりますので気をつけなければなりません。

和食が健康にいい理由とは

和食がユネスコの無形文化遺産として登録されたことにより、日本人もあらためて和食のすばらしさについて再確認させられたのではないでしょうか。
和食はご飯を中心に色々な副菜をバランスよく摂取することが出来ますので栄養面でも問題はありません。
野菜や海藻なども摂取することが出来るので一食で十分なビタミンやミネラル類も摂ることが出来るでしょう。

主食や主菜、副菜が揃っているので栄養バランスもよい

和食は一汁三菜が基本です。
味噌汁や漬物、煮魚や焼き魚などの主菜を自然に取り入れることが出来るので、和食は栄養バランスのよい食事を摂ることが出来るので、健康な食生活を無理なく気軽に続けていくことが出来ます。
味噌汁などの汁物はある程度お腹が膨れますので、食事の食べ過ぎを自然に抑えることも出来ますので、ダイエットにも効果的です。

発酵食品を摂り続けることが出来ます

和食の良いところは味噌や醤油などの発酵食品を毎日摂取し続けることが出来るという点です。
発酵食品にはヨーグルトや納豆、ぬか漬けなどもあります。
こうした発酵食品を摂り続けることによって、整腸作用もありますし、腸の中の善玉菌を増やしていくことも出来ます。
腸の中の善玉菌が増えていくことによって、免疫力が高まりますので病原菌にも強い体を作ることが出来ますし、腸内での病原菌の感染を防ぐことが出来ますので、健康で長生きすることが出来るでしょう。

簡単手軽な和食から始めましょう

いきなり本格的な和食を手作りするのは、ハードルが高すぎます。
料理初心者の方は簡単に作れる味噌汁から始めてみてはいかがでしょうか。
発酵食品の味噌を使いますし、野菜や豆腐などの具材を使うと栄養バランスの良い汁物が出来ます。
納豆や卵を付ければ簡単な和食が出来上がりますので、忙しい朝もこれならサッと朝食の準備が出来ますのでやってみてはいかがでしょうか。

備前の有限会社 福井堂では和菓子や洋菓子を楽しめます