タイ料理屋さんに行ったらぜひ食べたい定番メニュー3つ

最近では日本でもタイ料理屋さんが増えて、気軽に楽しめるようになってきました。
タイ料理屋さんに行ったらぜひ食べていただきたメニューが3つあります。

1つはトムヤンクンです。トムヤンクンはエビが入ったスープです。その味は複雑で、辛味、旨味、甘味、酸味が一体となっています。ただ辛いのではなく、旨味や酸味が後をひいて止まらなくなる美味しさです。このような複雑な味付けはタイ料理屋全般に共通するタイ料理の特徴です。

2つ目はグリーンカレーです。香辛料、ハーブ、ナンプラー、ココナッツミルクなどで作ったスープと野菜、鶏肉、豆などの具からなるスープカレーのようなものです。これもしっかりと辛いのですが、その奥に甘味や旨味、酸味がしっかりと感じられる味です。

3つ目はパッタイです。お米の麺で作った焼きそばのような料理です。具はエビ、卵、ニラなど様々です。甘めの味付けの物やライムを絞った爽やかなものなど味付けはお店によって違います(卓上の調味料を使い自分好みに変えて食べるのも一般的です)。パッタイは辛くないものが多いので、タイ料理を食べてみたいけど辛いのは苦手という人にもおすすめできます。

他にもタイには魅力的な料理がたくさんあります。ぜひ茅場町のタイ料理の様な本格的なお店で味わってみて下さい。