ご当地ラーメンから見える、日本全国の特色

寒さに負けない油膜が特徴の札幌ラーメン

日本全国のご当地ラーメンは、その特徴を見るとその地域地域の特性や歴史を知ることができます。
例えば、全国的に知られているラーメンの1つ、札幌ラーメンもその地域性を反映したラーメンです。
札幌ラーメンといえば「味噌」のイメージですが、実際には札幌でも醤油や塩のラーメンはたくさん出されています。
それよりも札幌ラーメンに多く見られる特徴が、ラードで炒めた玉ねぎやもやしなどの野菜が麺の上に乗っていて、これが油膜の役割をしていることです。
札幌のような寒い地域ですから、できるだけ冷めにくい工夫がされていることがわかります。
味噌ラーメンも、もともと札幌で「豚汁に麺を入れて食べさせてほしい」という客のリクエストをヒントに生まれたものと言われています。
これも、やはり寒い地域ならではのエピソードでしょう。

一番関係者向けにサッと出せるよう工夫された博多ラーメン

一方、九州博多ラーメンの特徴といえば、まず1つは豚骨スープでしょう。
しかしもう1つ、地域の特性がよく出ている特徴は、札幌ラーメンに多い縮れ麺と全く違う、細めのストレート麺です。
これは市場関係者が忙しい時間帯でもすぐ食べられるよう、茹で時間が早いほうが良かったことと関係が深いと考えられています。
「バリカタ」など、麺の硬さを指定することができ、比較的硬くゆでた麺が好まれるのも納得できます。
そして、細麺の弱点、麺が伸びる時間が早いという点から生まれたシステムが「替え玉」です。
最初からやや少なめの麺でラーメンを出し、替え玉で追加の麺を頼んでいくというスタイルは、博多ラーメンならではのすごい知恵ではないでしょうか。

旨いラーメン屋が横浜の黄金町にあります

近年話題の富山ブラックは、ガテン系向けのラーメンから

ここ数年、一気に知名度を上げたご当地グルメの1つが、富山のご当地ラーメン、「富山ブラック」です。
見た目よりはすっきりしているのですが、やはりその色から想像できる通り、塩分はやや多めの濃い味付けが特徴となっています。
これは、富山の一部ラーメン店がいわゆる体力勝負、ガテン系のお仕事をしているお客さんが多かったために生まれた背景があります。
肉体労働ですから塩分補給の必要性が高いことはもちろん、ご飯を持ち込んでラーメンをおかず代わりにして食べる人がいたことなども、濃度の濃いラーメンが生まれる理由として頷けるのではないでしょうか。
こうした事情もあり、富山のラーメン店でも「富山ブラック」を出す店がほとんどというわけではありません。
食べログなどをチェックしても、富山ブラックのお店のほうがむしろ少数派となっている状況です。