これで怖くない!牡蠣にあたらないためのポイント

牡蠣の種類と食中毒症状について

プリプリとした身に独特のコクを持ち合わせた牡蠣は、海産物の中でも美味しいと人気があります。しかし、牡蠣はテレビのニュースを見ると食中毒を引き起こした事件もいくつか見られるので、食べることに不安を感じている人は多いのではないでしょうか?ここでは牡蠣にあたらないポイントについてご紹介していきます。
主に食用で食べられている牡蠣は真牡蠣(まがき)と岩牡蠣(いわがき)の2種類です。真牡蠣はカキフライや牡蠣鍋など火を通した上で食べられ、岩牡蠣はお刺身とし生で食べる際に馴染み深いものになっています。牡蠣を食べて食中毒を起こしてしまったという人は、生で食べた場合や十分に加熱されていなかった場合が多いです。食中毒症状としてひどいげりと腹痛を引き起こし、さらには感染力もあるため嘔吐物や排便はきちんと処理しなければいけません。

牡蠣はなぜ食中毒を引き起こすのか?

真牡蠣の食べ頃となる1月から2月は海水温が10℃を下回り、牡蠣にノロウイルスが付着しやすくなっています。また、海水温が高くなる夏に旬を迎える岩牡蠣は、腸炎ビブリオという4℃以下ではほとんど繁殖しない細菌が体内に入ることにより食中毒を引き起こします。どちらの牡蠣も旬を迎える時期に流行りだす細菌を持っていることが多いため、牡蠣は食中毒を引き起こしやすいと言われています。これら2種の牡蠣の食中毒は、十分に熱を加えれば安全なものになり、極度に心配する必要はありません。
危険なのは「生で食べたい」と思う時です。ノロウイルスを残さないためには85℃以上のお湯で1分半以上、腸炎ビブリオでは60℃のお湯で10分以上の加熱が必要となります。

牡蠣にあたらないためには規格基準クリアが大事

牡蠣をどうしても生で食べたいけれども、食中毒にはかかりたくないという方は、規格基準をクリアしている牡蠣を選びましょう。産地の自治体が公開している情報を確かめれば、生でも安全に食べられる牡蠣かどうかを見分けることができます。最近は通信販売でも牡蠣を手に入れられており、しっかり産地や安全基準を表示しているサイトので安心です。卸売り市場で購入するのが不安な人はネットから購入してみてはいかがでしょうか?
家で食べる時は保管方法として常に4℃以下の低温状態を保ち、牡蠣を水道水でよく洗って、できるだけ早いうちに食べましょう。生食にこだわらないのであれば、なるべく加熱を行った方が安全に召し上がれます。

大阪の有限会社 五ヶ瀬川水産は鰻の卸です